イギリスおすすめインターネットサービスプロバイダ。契約の仕組みを徹底解説!

スポンサーリンク

渡英して家を借りるのですが、インターネット契約をどこにしたら良いか迷っています。おすすめと契約の流れを教えて下さい!

イギリスの今の家のインターネットを長く使っているのですが、最近遅い上に何か高い気がします。もっと速くできますか?

渡英して家を借りて悩むのがインターネットですよね。また最近は光ファイバーの高速ブロードバンドもイギリス全土で普及してきているので、ネットが遅いと感じる方は見直すチャンスです。今回私のおすすめを徹底解説します!

スポンサーリンク

イギリスのインターネット事情

イギリスのインターネット事情

快適なインターネット利用にはどれくらいの速度が必要?

自宅のインターネット環境はもはやライフラインですよね!特に在宅ワークやネットでの動画を見るのが当たり前になった今、その通信速度も非常に重要です。

一般的にストレス無くインターネットを利用するには、10Mbps以上の通信速度が推奨されると言われています。

例えばイギリスの我が家のインターネットスピードは、Downloadが71MbpsでUploadが20Mbpsとそこそこ速いので、家族で同時に動画を見たり、在宅勤務が夫婦で被ってもとても快適に過ごせています。

快適なインターネット利用にはどれくらいの速度が必要?

もし今の家のインターネットが遅いと感じる方は、こちらのSpeedtest by Ooklaで簡単に測ることができます。

私も以前の家は3Mbps程のスピードしか出ないことがありかなりストレスでした。もし10Mbps以下の場合、今回の記事も参考にして頂き、より速いプランに見直しすると良いと思います。

イギリスのインターネット事情

それでは、イギリス全体のインターネット事情はどうなっているでしょうか?

2019年の調査では、30Mbps以上のスーパーファストブロードバンドは、全土の95%で選択することが可能で、50万以上の家庭が契約しているようです。

また300Mbps以上のウルトラファストブロードバンドも全土の53%と、半分以上をカバーしているようです。イギリスのブロードバンド環境は意外に良いようです。

イギリスは高速インターネットの普及に力を入れていて、10Mbps以下のブロードバンドしか選べないエリアでは、インフラ工事費用を国が3,400ポンドまで負担するという制度があるんです。受託企業はBTとなっています。

イギリスのインターネットプロバイダシェアの特徴

それではイギリスのインターネットサービスプロバイダについて、はじめにザックリと解説していきます。まず各社のシェアは以下のようになっています。

イギリスのインターネットプロバイダ、シェアの特徴
出典:choose.co.uk

ぱっとわかるのが、大手4社(BT,Sky,Virgin,TalkTalk)でほぼ独占していることで、その他プロバイダは1%とシェアはわずかです。

そして中でもEEやPlusnetを含むBTがシェアの4割近くを占めているということです。BTは旧社名がBritish Telecomで、過去にイギリスの国営企業だった時代もあります。

日本で言うとNTTのような存在で、シェアが高いのもうなずけます。その他3社で残りのシェアを分け合っているようなイメージでしょうか。

スポンサーリンク

イギリスのインターネット会社を選ぶポイント

イギリスのインターネット会社を選ぶポイント

イギリスでインターネット契約を選ぶ際のポイント

それでは、イギリスでインターネットを契約する際に、何を気を付けて会社を選べば良いでしょうか?そのポイントを次に挙げます。

  • 契約期間
  • 通信速度
  • 料金

それぞれのポイントについて、解説していきます。

契約期間

日本でインターネットを契約する際、大抵の場合は契約期間が定められていて、それより早く解約する場合は違約金を取られますよね。

イギリスも同様の契約期間が定められているので、自分が滞在する期間より契約期間が長いことになっていないかチェックしましょう。

ただ日本の多くの場合契約期間後に”更新期間”が設定されていて、その更新期間に解約しないと次の契約期間が発生しますが、イギリスの場合契約期間は大抵”最低契約期間”であり、それを過ぎるといつでも違約金無く解約できるパターンがほとんどです。この点は安心ですね。

また契約期間前に解約する場合の違約金の計算は、一般的に残りの契約期間に支払う予定の料金から一定割合減額された金額というパターンがほとんどです。

日本でよくある『契約終了前に解約すると一律〇円の違約金』というパターンではないので、契約終了が近くなって解約する分にはダメージが少ないです。

契約期間
日本とイギリスのインターネット契約形態の違い

通信速度

先程ご説明したように、300Mbph以上のウルトラファスト、30Mbph以上のスーパーファストといった高速ブロードバンド通信が利用できるかどうかは住んでいるエリアによります。

実際自分の住所が対応しているかどうかは、インターネットプロバイダのサイトでチェックしましょう。

また仮に300Mbph以上のウルトラファストが契約できるエリアだったとしても、低速なプラン程月額料金は抑えられます

この場合、プロバイダが提供する通信機器側で速度制限が掛けられることになります。

料金

料金には、初回のみ発生する初期費用と、毎月発生する月額料金があります。

初期費用は、ほとんどの場合無料が多いのですが、高速プランを選択すると特別な工事が発生する場合があり、初期費用が発生します。

また月額料金は契約する通信速度によって変動しますので、インターネットの使い方とお財布事情で選択するようにしましょう。

設定される月額料金には、契約期間中は割引料金が適用され、それを過ぎると通常料金に上昇するというパターンもあります。契約終了時に改めて安い会社が無いか契約を見直すのも良いでしょう。

インターネット契約後の流れ

インターネット契約後の流れは、次のようになります。

  • インターネット機器が郵送で送られてくる
  • 回線工事を行う(ADSL→光に変更など、通信方法が変更となる場合)
  • 機器をネットワークに繋いでネットが利用できるようになる

ネットワークの通信方式を変更したり、サービスプロバイダを変更する場合は回線工事が必要な場合がありますので、工事日を調整する必要があります。

通信方式を変更しない場合は、機器を繋ぐだけで利用を開始できることが多いですが、詳しくは申し込み時に確認しましょう。

スポンサーリンク

イギリスのおすすめインターネットプロバイダ

BT

BT

BT(British Telecom)は日本で言うとNTTのような存在。世界的に見ても有数の通信事業者です。

イギリスではインターネットプロバイダ事業に加え、固定電話や動画配信、携帯電話サービスも提供しています。

そしてインターネットのシェアはイギリスではNo.1ということで、ブロードバンドインフラの整備にも力を入れているようです。

料金プラン

プランの特徴として、900Mbpsという高速インターネットを多くのエリアで提供しています。これはBTの交換所と家庭をファイバーラインで繋いで、超高速のネット通信を実現しているようです。

しかも初期費用0で利用できるようなので、超高速ネットを利用したい方には良いですよね。

BT料金プラン

その他の料金体系はこのようになっています。

プラン名公称スピード
(Mbps)
保証下りスピード
(Mbps)
保証上りスピード
(Mbps)
初期費用月額料金契約期間
Full Fibre Essential36Mb18Mb10Mb£10£27.9924か月
Full Fibre 150Mb25Mb10MbFree£28.9924か月
Full Fibre 274Mb34Mb20MbFree£32.9924か月
Full Fibre 100150Mb100Mb30MbFree£39.9924か月
Full Fibre 300300Mb150Mb49MbFree£49.9924か月
Full Fibre 900900Mb450Mb100MbFree£59.9924か月

光ファイバーのプランが£30前後で提供されているので、日本と比べても高くないですね。

通常の利用シーンでは、あまり下のプランと価格が変わらないのでFull Fibre 2がおすすめです。私も利用していますが、70Mbps台の通信スピードは、何をするにもストレス無く快適ですよ。

接続機器について

契約すると、こちらのように中継ハブが送られてきますので、こちらを壁に設置します。

BT接続機器について

また”BT Complete Wi-Fi”という、家庭用の高速Wi-Fiもセットでレンタルするプランもあります。もし何も考えずすぐにWi-Fi環境が欲しい!という方は、毎月£10程料金があがりますが良いかもしれません。

BT Complete Wi-Fi

また開設後に機器の設定と料金について質問があったのでカスタマーセンターに電話をしましたが、非常に丁寧で土日も対応してくれ、好印象でした。

この辺の対応は格安事業者には無い、大手の安心できるポイントだと感じました。

BTのメリットとデメリット

それでは、BTのメリットとデメリットをまとめます。

メリット:
・イギリス最大のネットプロバイダ。提供エリアが広い
・900Mbpsの超高速ブロードバンドも提供
・コールセンターの対応が良い

デメリット:
・契約期間が24か月と長め
・毎月の料金が他と比べると普通

BT申し込みで£50のAmazonギフトカードが貰える

また、BT Broadbandはこちらのリンクから申し込むことで、£50のAmazon UKで利用できるギフトカードが貰えるようですので、是非活用して下さい。

BTのページに飛ぶので、名前とメールアドレスを入力して申し込みできますよ。

今回の記事が、イギリス引っ越しの際の引っ越しや、インターネット料金の見直しのきっかけになれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました