【日本へ配送無料】ヨーロッパSIMは37か国で利用できるgiffgaffが圧倒的コスパ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヨーロッパでスマホを利用する方法4選

ヨーロッパに旅行や出張で行かれる際に、今やスマホの利用は必須ですよね。スマホのGPSとGoogle MAPがあれば、大抵の場所へ迷わず到着することができます。

その際に、ネット環境として現地でのスマホのSIMカードをどうすれば良いか困っている方も多いのではないでしょうか。

この記事ではヨーロッパSIMを選ぶ際のポイントと、私がコスパでは最強だと思っているgiffgaffについてご紹介します。

日本からヨーロッパ、スマホ利用方法4選

日本からヨーロッパに行く際に、現地でスマホを利用するのに考えられる方法を4つ挙げてみました。

  • 海外レンタルSIM(Wi-Fi)サービス ・・・空港やネットでレンタル申し込み
  • 日本で現地利用できるSIMを購入   ・・・Amazonや楽天などで購入
  • 現地でSIM購入           ・・・現地空港や街中の携帯ショップなどで購入
  • giffgaffヨーロッパSIM       ・・・ネット申し込みで日本に無料配送

ちなみに、ヨーロッパでは大抵一つのSIMで国をまたいでも利用できることがほとんどです。そこで、今回は特に国を限定せず、”ヨーロッパSIM”としてヨーロッパで利用できるSIMについて解説していきます。

giffgaffがコスパ・便利さで圧倒的におすすめ!

それでは、この4つの方法についてどの選択肢が良いか比較していきましょう。

私は海外で使うSIMの条件として、次の3つを重視します。

  • 価格が安い
  • 現地ですぐ使える
  • 速度が速い

価格が安くて速度が速いというのは分かり易いですが、意外に”現地ですぐ使える”というのは非常に重要な条件です。

というのもコロナ下で渡航するにあたり、現地到着時に証明を提示したりアプリをインストールすることが求められる機会が多く、到着後すぐにネットに接続できることはきっと役立つはずです。

また最近は空港からの移動にもUberなど便利な配車アプリが使える時代。空港ですぐにスマホアプリが使える状態にしておきたいですよね。

この3つの観点で先程挙げた4つのサービスを比較した表を掲載します。

 価格が安い速度が速い現地ですぐ使える
海外レンタルSIM(Wi-Fi)サービス×
日本で現地利用できるSIMを購入
現地でSIM購入△~◎
※空港での購入は高いことも
×
giffgaffヨーロッパSIM

圧倒的にgiffgaffのサービスが優れていることがわかります。そんな優秀なgiffgaffとは、一体どのようなサービスなのでしょうか?次の章で詳しく解説します。

スポンサーリンク

ヨーロッパ周遊SIMにgiffgaffをおすすめする5つの理由

giffgaffはイギリスの格安携帯キャリアで、イギリス携帯大手のO2のサブブランドとして2009年に設立された新進気鋭のブランドです。

そのプランには契約期間が無く、いつでもキャンセルできるのにも関わらず料金が安いので、イギリス国内で様々な年齢層から支持されています。

それでは、何故giffgaffがヨーロッパ周遊SIMとして超絶おすすめなのでしょうか?次の5つの理由から解説していきます。

理由①:SIMを日本に無料で配送してくれる

giffgaffの一番優れている点は、ヨーロッパの携帯キャリアでありなが何と世界中にSIMカードを無料で配送してくれるんです!

日本国内ですら送料が発生するのに、これは凄いサービスですよね。これからヨーロッパに行かれる方は利用しない手はありません。

ネットで申し込めば、1週間前後で日本に配送してくれます。後は自分のスマホに挿してアクティベーションするだけ。後程その方法も分かり易く解説しますよ。

理由②:ヨーロッパ37か国で利用可能

そしてgiffgaffはヨーロッパ37か国で、同じプランで利用することができます

下記の国が統一プランで利用できる国になりますが、EU加盟国他、ほぼ全てのヨーロッパの国で利用が可能です。もちろんgiffgaffのホーム国であるイギリスも利用可能です。

※月20GBを超える通信については、別途0.36p(ペンス)/MB(£3.6/1GB)の料金が発生します。

イギリスの電話番号が付いてくる

日本で購入・レンタルできる海外SIMは、データ通信のみで電話番号が付いていないものがほとんどです。

しかし、giffgaffは全てのSIMで+44から始まるイギリスの電話番号が付いているので、電話やSMSのサービスを利用することが可能です。

現地で電話番号が必要になるシーンは結構あって、例えば滞在中のロケーターフォームへの現地連絡先の入力や、レストランの予約時などに必要となってきます。

また私もヨーロッパの国を頻繁に訪れていますが、滞在中に現地国以外の電話番号で特に不便を感じたことは一切ありません。これは複数の国が加盟しているEUでは、日常的に自国外とやり取りしている背景があるかもしれませんね。

利用料金が格安

ヨーロッパ37か国で利用できるgiffgaffの料金プランですが、そのハイスペックと裏腹にとってもコスパが良いんです。

以下に20GBまでのプランをまとめてみましたが、何と20GBでも2,000円を切る価格です。これまで高い料金を払ってレンタルやローミングしていたのが馬鹿らしくなってしまいますね。

データ容量価格(ポンド)価格(円)※150円換算通話SMSプラン名
1GB£6¥900無料無料£6 goodybag
3GB£8¥1,200£8 goodybag
12GB£10¥1,500£10 goodybag
15GB£10¥1,500£10 golden goodybag
20GB£12¥1,800£12 goodybag

これらのプランは1か月間利用可能です。また契約期間は特に無いので、ヨーロッパの滞在が終了した時点でプランをキャンセルすればそれ以上の料金は発生しません。

しかも、イギリス+ヨーロッパ37か国間は電話、SMSが完全無料です!現地での連絡も怖いもの無しですね。

上記の対象国以外への通話やSMSは、イギリス国内にいるか国外にいるかで利用料金が異なります。

  • イギリス国内からの場合:通話は固定電話へは4p(ペンス)/分、携帯電話へは12p(ペンス)/分、SMSは8p(ペンス)/メッセージ ※日本への通話・SMS
  • イギリス国外からの場合:通話は£1/分、SMSは30p(ペンス)/メッセージ

利用には事前に入金が必要です。イギリスからの国際電話は非常に安いです!

通信速度が爆速!

そしてgiffgaffはどの国で利用しても、4Gもしくは5Gでの通信が可能です。私はこれまで色んな国でgiffgaffを利用してきましたが、通信速度で不満に思ったことは一度もありません。

また5G通信が可能なエリアではバッチリ5Gになることも確認しています。

日本で入手できる海外SIMの中には、3Gのみ対応というものも見かけます。今の時代、Webサイトを開くだけでも3Gだとかなり遅くて厳しいです。

giffgaffでしたら、海外でも動画サイトはサクサク見ることができますし、SNSへのアップロードもストレスフリーでできますよ!

ドイツでgiffgaffを利用した際の通信速度結果。上下とも数十Mbpsと十分速かったです!
スポンサーリンク

実際にgiffgaffをヨーロッパ各国で使ってみた感想

私はこれまでにヨーロッパ各地を訪れ、その都度giffgaffのSIMを利用してきました。これまでに以下の国で利用しましたが、通信速度制限なども無く、全く問題無く利用できてきました。

  • ドイツ
  • フランス
  • ギリシャ
  • アイスランド
  • スペイン
  • ポルトガル

各国で利用した際の様子などは、また別に記事としてまとめていきたいと思います。

giffgaffを申し込む方法

ウェブサイトからSIMを申し込む

giffgaffのSIMを無料で日本で入手するには、オフィシャルサイトから申し込みます。

配送に要する期間は、ヨーロッパ圏内は3~5営業日、ヨーロッパ以外の国は5営業日以上で到着すると記載されていますが、日本への実績としては約1週間程で届くようです。

まずは、こちらのリンクからSIMを申し込むページにアクセスしましょう。私の紹介リンクになっていまして、申し込めばgiffgaffで利用できる£5のクレジットが貰えます。

英語のサイトになりますが、入力例を掲載しておきますので、こちらを参考に申し込んでみて下さい。

SIMをアクティベーションしてプランを申し込む

SIMカードが届いたら、ヨーロッパに渡航する直前にアクティベーションしましょう。アクティベーションもとっても簡単。次の手順を参考にしてみて下さい。

まずはアクティベーション用ページにアクセスして、SIMカードの台紙に記載されているコードを入力します。

その後、次の流れで必要な情報を入力していきます。

  • メールアドレスとパスワードの登録
  • プランの選択
  • 支払いクレジットカードの登録
  • クレジットカードの登録先住所 →日本のカードなら日本の住所

全て登録が完了したら、次の画面となりアクティベーション完了です。電話番号もここで表示されますので、忘れずにメモしておきましょう。

giffgaffの申し込みから渡航まで、おすすめのスケジュール

初めてgiffgaffを利用される方は、どのような日程で申し込みを進めていけば良いか迷いますよね。私の経験から、おすすめのスケジュールを載せておきますので、参考にして下さい。

  • 渡航1か月~2週間前:giffgaffのWebサイトからSIMカードを申し込み
  • 飛行機搭乗前:スマホにgiffgaffのSIMカードを挿してアクティベーションを実施
  • 現地到着時:飛行機が着陸したタイミングから利用可能!
  • 現地滞在終了後:プランの更新をキャンセル

アクティベーションのタイミングについて

一番迷うのがアクティベーションのタイミングだと思います。作業にはネット接続が必要な一方、日本でローミングを利用すると別料金が発生してしまいます。

そこで、空港のWi-Fiを利用してアクティベーションを行います。搭乗口でフリーのWi-Fiに接続し、アクティベーションを実施。その後機内モードにしてそのまま飛行機に乗り込めば、着陸時からすぐにgiffgaffを利用することができます。

もしアクティベーションがスムーズにできるか不安、もしくは公共Wi-Fiへの接続が不安な方は、渡航前日などにご自宅のWi-Fiを利用してアクティベーションを完了させましょう。

その後一旦giffgaffのSIMは外しておき、飛行機の機内などで再度giffgaffのSIMに差し替えれば、着陸後からすぐにgiffgaffの利用を開始することができますよ。

利用終了手続き

また現地滞在が終了した際には、プランの更新を停止しましょう。方法は、giffgaffのマイページから”Recur your selected goodybag”のチェックを外すだけ。

これでプランが更新されることは無く、それ以上課金されることもありません。

アクティベートされたSIMカードは手元に残りますので、またヨーロッパに行く機会があれば再度goodybagを購入すればすぐに利用できるようになります

是非giffgaffを活用して、安い&快適なヨーロッパ旅行を目指しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました